派遣で働くエンジニアのスキルアップを応援するサイト

PRODUCED BY RECRUIT

2/28開催:次の言語、なにを学べば良いのかカンタン解説。プログラミング言語図鑑@大阪

f:id:itstaffing:20180110123127j:plain

久しぶりの大阪でのITイベント開催です!
今回のイベントは「プログラミング言語図鑑」の著者・増井敏克さんにご登壇いただきまして エンジニアとしてのスキルアップを目指すために欠かせない「プログラミング言語の修得」のコツを伝授していただきます!
今後扱える言語が増えると、仕事の幅も広がり、時給UPに繋がってきます。ですが「どうやって、どの言語を学べば良いのか」その見極めは意外に難しいところ。

そこで、今回のイベントでは発売直後に重版が決定する人気書籍「プログラミング言語図鑑」の著者である増井敏克さんをお迎えして、複数のプログラミング言語を学ぶ、 そのメリットや言語の選び方を中心にして、エンジニアのスキルアップのヒントになる情報を提供します。
さらに参加者の皆様には、書籍「プログラミング言語図鑑」をプレゼント!!

応募要項

応募対象者 リクルートスタッフィング登録者限定
応募方法 ▼イベント応募フォームよりお申し込みください
【イベント応募フォーム】へ進む
※ここから先は外部のサイトに遷移します
スタッフNo の入力が必須となります
応募期間 2月20日(火)まで
抽選結果連絡 2月21日(水)
※今回のイベントは抽選となります

詳細

開催日時 2月28日(水)開場18:30 / 19:00~20:30
開催場所

大阪北区梅田1-12-12
東京建物梅田ビル地下1F・2F(旧渡辺リクルートビル)
AP大阪駅前 梅田1丁目 Aルーム(B1階)
Map

イベント内容 ・改めて理解する「プログラミング言語」とは?
・いま主流のプログラミング言語のちょこっと解説
・これから流行りそうなプログラミング言語はこれだ
・複数の言語を学ぶ、そのメリットや言語の選び方
講師 増井 敏克(ますい としかつ)
増井技術士事務所代表。技術士(情報工学部門)。情報処理技術者試験にも多数合格。ITエンジニアのための実務スキル評価サービス「CodeIQ」にて、アルゴリズムや情報セキュリティに関する問題を多数出題。提出されるソースコードは多様なプログラミング言語で書かれており、その数は毎年約2千名、1万本以上に及ぶ。また、ビジネス数学検定1級に合格し、公益財団法人日本数学検定協会認定トレーナーとしても活動。「ビジネス」×「数学」×「IT」を組み合わせ、コンピュータを「正しく」「効率よく」使うためのスキルアップ支援や、各種ソフトウェアの開発、データ分析などを行っている。
著書に『おうちで学べるセキュリティのきほん』(翔泳社)、『プログラマ脳を鍛える数学パズル』(翔泳社)、『シゴトに役立つデータ分析・統計のトリセツ』(ソシム)、『エンジニアが生き残るためのテクノロジーの授業』(翔泳社)がある。
入場料 無料
持ち物 筆記用具
注意事項 ・交通費はご自身でのご負担となります
・日当などの手当はございません
・軽食のご用意はございません